闘蜂見聞録2012 巻之肆

こんにちは!
合宿も終えて、もうすぐ秋シーズンの初戦が行われます。
その最初の戦いに向けて、メンバー全員が必死に取り組んでいるところです。

さて、この闘蜂見聞録も今シーズンに入ってすでに4回目を迎えます。
今回は、激しいプレーでDefenseを引っ張り、あつい言動でみんなを鼓舞し、いつも先頭に立ってチームを牽引し続けているLB4年生で、チームの副将も務める喜井選手にフォーカスしました!

―それじゃ、ぼちぼち始めますか。今日はよろしくお願いします。
何か普段話してるのに、こういう形式だと、いつもより緊張しますね(笑)。
では、まず春シーズンの反省についてお伺いします。
4年生として迎えた今年の春シーズンは、喜井さん自身にとってどのようなモノとなりましたか?

喜井: まず、4年目にしてLBという新しいポジションをやる事になり、LBとして必要なFundamental, skill, 知識の習得が個人的には重点を置いて取り組むべき課題でした。それと同時に 4年としてチームを引っ張る、Defense leaderとしてDefenseを引っ張る、とやるべき事が詰まった春シーズンであり、 ポジションを超えて新たなfootballの楽しさに触れる事ができたシーズンでもありました。
1人のplayerとして納得のいく結果を残せなかったこと、慣れない事が多くいろいろな面で後手になってしまった事、フィールドで全体を上手くまとめきれなかったことが春シーズンの大きな反省です。

―喜井さんはもともとDBというポジションでしたね。
ポジションが変わったことで、いろいろと大変だったことと思います。
そんな中で、DefenseのLeaderとしてみんなを引っ張ってきました。
春シーズンのDefenseに関しては、どのように思いましたか?

喜井:HORNETS 2012 seasonを迎える前から、Defenseの中で、 今年のOffenseではDefenseが0点で抑えないと勝てない (Offenseの方々すいません)と話をしていました。そう意気込んで臨んだ春シーズンも、蓋を開けてみれば専修大学に0-55、名城大学に0-21と最悪の結果の春シーズンでした。そういったことからDefenseという組織力の無さ、単純な個人レベルで対面に負けるetc…課題が多く残るシーズンでした。

―春シーズンについては、やや反省の多いシーズンだったようですね。
そんな春シーズンを経験したら、今度はすぐに夏合宿がありました。
今回は、どのような思いで合宿に臨みましたか?

喜井: 合宿ではとにかく「 仙台大学を倒すべくTeam, Unit, Individualを完成させる」事が目標でした。その為には春シーズンで出た課題を必ず潰し切り、 その上のレベルに到達する必要がありTeam, Unit, Individualでその準備をして合宿に臨みました。

―個人的にも、チーム的にもレベルアップが感じられた合宿だったと思います。
終えてみての感想はいかがですか?

喜井: 個人的な感想ですが、結果的に 4年間で1番良い合宿を過ごせたと感じています。合宿が終わりに近づくにつれ、結果を出さなければならない切迫感、緊張感、仲間への苛立ち、信頼、フィールドで飛び交う罵声、Big playに対する歓喜の声、仲間の笑顔、何と表現したらいいのか分かりませんが、僕が思う Footballerとして一番基本であり、かつ最も大切で純粋な「勝ちたい」という気持ちが、フィールドに立つ22人はもちろんのこと、外から見てる人間全員からも、色々な形で発せられていたと感じました。個人の成長は勿論ですが、 本気の純粋な「思い」でここまで自分に、そして他人に与える影響が変わるのだと改めて感じ、そして何よりも合宿でなければ得られなかったものだと思います。
この7日間で得たものを継続しつつ新たに出た課題をしっかり潰して秋シーズンを迎えたいと思います。

―何か、言葉の一つ一つに重みを感じますね。
さすがは4年生といったところでしょうか(笑)。
ともかく、最高の合宿になって本当に良かったです!

そして、アッという間に8月が終わり、9月からいよいよ秋シーズンに入ります。
最後になりますが、秋シーズンはどういった決意のもと、戦っていこうと思いますか?

喜井:先程も言いましたが Defenseは全ての試合を完封することを目標にやっていきます。最悪の春シーズンから現在に至るまで「 11人で止めるDefense 」をひたすらに追い求めてきました、その成果を十二分に発揮して必ず 全ての試合を完封してみせます!
そして、とにかく結果を出す!全ては勝利の為にやってる事なので、なんでもいいから結果をだす、どんなにかっこ悪かろうと、何を言われようと なりふり構わず結果をだすことに全てを懸けます!

―やはり、並々ならぬ覚悟をお持ちのようですね。
このまま秋シーズンも、(ケガなく)全力でプレイして下さい!

時間がかかってしまいましたが、今回はこれで終わりです。
喜井さん、今日は貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました。

喜井:ありがとうございました。

さて、秋シーズンの初戦ですが、
日にち:9月2日(日)
場所:宮城野原自転車競技場
対戦相手:東北学院大学
開始時刻:11時kick off
となっています。今回インタビューした喜井選手だけでなく、部員一同の活躍をぜひ見に来てください!
そして、次に更新するときは、勝利の報告ができるようにしたいと思います。
そのためには、ぜひとも皆様方の応援が必要です。
どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。