部長挨拶

部長 教育学研究科准教授 池尾 恭一

アメリカンフットボールは、ファイナル・スポーツ(究極のそして最も完成されたスポーツ)などと呼ばれます。それは、フットボールが他の全てのスポーツの多彩な競技要素を取り入れた複合的なスポーツであるからです。パワーとスピードによる身体の激しい衝突を避けては試合にならないが、そこにはほとんど偶然性が存在しないと言われるほどに合理的な競技であり、ヘルメットをはじめとする装具に象徴的に見られるように、競技における危険性を最小にとどめる努力が、細やかな競技規則や大会運営によって、さらには選手各人の倫理観(フェアプレー精神)に基づいて、なされています。登録選手枠に制限がなく、完全分業・自由交代制を採る試合には、個々人の様々な能力(それは、身体的能力だけではない)に応じて、多数の選手が出場できます。

東北大学ホーネッツは、1982年に東北学生リーグに正式加盟して以来、リーグ最多優勝を達成しています。ファイナル・スポーツとしてのフットボールに心身の全能力を傾注した選手・スタッフの多くは、運動と学問を両立し、完成された人格として社会に巣立っています(また大学院進学率も高い)。

一方で国立大学のチームゆえに、新入生を勧誘して毎年新チームを作り上げ、そのうえでチーム力を維持・アップしていかねばなりません。新入生の皆さんの入部をまっています。

 

監督挨拶

監督 萩山 竜馬

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
ホーネッツは、以下の活動理念(ミッション)を掲げて活動しています。

≪ホーネッツ活動理念(ミッション)≫
“何故勝ちたいのか?”
1.見てくれている人生の恩人が、「感動し、わくわくし、勇気が出る」フットボールをして、勝つことで、人生の恩返しをしたい
2.ホーネッツで勝つことを通じて、人の先頭に立ち、人を導き、困難から逃げず、誠実であり、誇り高き「国のいしずえ」たる人材となりたい

「何故ホーネッツで頑張るのか?」と部員に聞けば、全員が「勝ちたいから」と答えます。では、「何故勝ちたいのか?」と聞くと、ホーネッツが大事にしていることが沢山詰まっているもの、つまりは、ホーネッツがどういうチームであるかが見えてくるものであろうと考えています。
人生は、家族、先生、友人等、様々な方々に支えられ、成り立っているものだと考えています。その方々へどうやって恩返しができるか、我々ホーネッツがアメリカンフットボールというスポーツを通して出来ることは、見て下さる方々が「感動し、わくわくし、勇気が出る」プレーをし、そして「試合に勝つ」ことが、一番の恩返しになるといえるのではないかと考えています。
また、我々が求めている目標に到達するためには、目標に値する取り組みをし続けることが必要です。コーチ、選手、スタッフの全員が、チームの目標に対してどういう貢献をするかを決断し、各々の分野でベターではなくベストの結果を出すための取り組みをする、それを積み重ね続けることが勝ちに値するチームを作る唯一の方法です。その取り組みを自分がやることはもちろん、チーム全員が、どんな状況下でもやり続けるために、率先して、かつ、楽しんでやることが出来る人材になる、それは、東北大学学生歌で謳われている、正に「国のいしずえ」たる人材そのものと考えています。すなわち、ホーネッツというチームが、人材としての成長のための貴重な場でありたいと考えています。
今年1年間、私は監督として全員に対して、「目標に相応しい取り組みをしているのか?」ということを問いかけ続けていきます。それは、難しいことかもしれませんが、ホーネッツのメンバーならば、自分がやることはもちろん、他のメンバーを時には引っ張り合い、時には支え合い、必ずやりきってくれることを信じてやみません。そのような全員に対し、心から敬意を表し、誇りに思い、また可愛く思い、私にとってもかけがいの無い仲間と出会えたことを心から幸せに感じています。
新入生の皆さんが、ホーネッツの仲間入りをしてくれ、ホーネッツというチームを一緒に作っていけることを、心から楽しみにしています。

 

主将挨拶

主将 渥美誠也

 

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
私たちは「東日本制覇」という目標を掲げ、日々努力しています。全国への挑戦権を得るようになってから、一度も達成できたことがない目標です。多くのOB、OGの方々が様々な努力を重ね、長い時間をかけても達成できておりません。関東のチームは経験者も多く、身体能力の高い選手がたくさんおり、私たちの技術もまだまだ確立できておりません。しかし、関東との距離は着実に近づいています。本気で関東に勝つ、その思いを持って取り組み続けることで必ず達成できる目標であると信じております。限られた時間の中で、いかにして勝つのか、常に考え続け、高い壁を超えるために努力しています。
また、甲子園の舞台にはいまだ関東・関西のチームしか立ったことがありません。ホーネッツが関東に勝つ、甲子園に行く、そのようなことは誰も思っていません。私たちが関東のチームに勝つことで、日本のフットボール界の歴史を変えることができます。それによってフットボールのレベルが向上していくはずです。私たちはそれだけの使命があるということを自覚し、日々精進しております
高い目標に挑むことは楽しいことばかりではありません。苦しいこと、きついことはたくさんあります。そのような中でも、私はフットボールを楽しむことがさらなる成長につながると信じています。だからこそ楽しむ中で見えてくるもの、感じられるものというものを大切にし、アメリカンフットボールをしています。
4年間しかない学生生活。私はホーネッツが皆さんにとって最後の学生生活である4年間をかけるのにふさわしい場所であると自信を持って言えます。「東日本制覇」という目標を達成することは並大抵のことではありませんが、経験者が数えるほどしかいない素人集団である私たちが勝利する、こんなに面白いことはないと思います。私たちと共に歴史を変え、日本のフットボール界に衝撃を与えましょう。新入生の皆さんの前途を祈りつつ、価値ある挑戦をお待ちしております。