ごあいさつ

部長

アメリカンフットボールは、ファイナル・スポーツ(究極のそして最も完成されたスポーツ)な どと呼ばれます。それは、フットボールが他の全てのスポーツの多彩な競技要素を取り入れた複合的なスポーツであるからです。パワーとスピードによる身体の激しい衝突を避けては試合にならないが、そこにはほとんど偶然性が存在しないと言われるほどに合理的な競技であり、ヘルメットをはじめとする装具に象徴的に見られるように、競技における危険性を最小にとどめる努力が、細やかな競技規則や大会運営によって、さらには選手各人の倫理観(フェアプレー精神)に基づいて、なされています。登録選手枠に制限がなく、完全分業・自由交代制を採る試合には、個々人の様々な能力(それは、身体的能力だけではない)に応じて、多数の選手が出場できます。

東北大学ホーネッツは、1982年に東北学生リーグに正式加盟して以来、リーグ最多優勝を達成しています。ファイナル・スポーツとしてのフットボールに心身の全能力を傾注した選手・スタッフの多くは、運動と学問を両立し、完成された人格として社会に巣立っています(また大学院進学率も高い)。

一方で国立大学のチームゆえに、新入生を勧誘して毎年新チームを作り上げ、そのうえでチーム力を維持・アップしていかねばなりません。新入生の皆さんの入部をまっています。

部長 教育学研究科准教授 池尾 恭一

監督

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
我々ホーネッツは、“東日本制覇(関東大学一位に勝利)”を目標としています。我々が目標としている対戦校の多くは私立大学の強豪であり、それらに国立大学である我々が勝利することは並大抵のことではありませんが、全国に広がるOB・OGの様々なバックアップの下、学生・コーチが限られた時間・資源の中で、練習方法、戦術面などで様々に工夫を行いながら、ホーネッツという組織全体で目標に向かって日々取り組んでいます。

ホーネッツで4年間の大学生活を過ごすことにより、学業以外にも情熱を込めて取り組めることがあること、チームメイトはもちろんのことOB・OGも含めて、一生付き合える本当の仲間を得ることが出来ることなどの他部ではなかなか体験できないホーネッツの強みは、私としても自信をもってみなさんにお薦めできることと信じてやみません。

スポーツの経験有無も問いません。ただ、自身の大学生活を有意義なものにしたいという思いさえある皆さんならば、必ずやホーネッツの新たな力になってくれるでしょう。

皆さんと新たな仲間になれることを心から願っています。

監督 遠藤 隆正