服装・持ち物+α

ちょっとした準備でより快適に観戦することができます。

服装

  • アメフト観戦特有の服装というものは特にありません。ホーネッツの場合屋外での試合がほとんどですし、試合時間は途中休憩(ハーフタイム)を含めると通常2時間半を越えます。試合終了時刻を考慮して季節・天候に応じた服装で観戦しましょう。ホーネッツのチームカラーはグリーンですのでお持ちであれば緑色のものを身に着けるとよいでしょう。公式グッズはこちらで販売しています。

持ち物

  • ツバのある帽子もしくはサングラスは必需品です。夏はもちろんですが、冬は太陽が低いので夕日がまぶしくて試合終盤の大事な場面が良く見えないということがないようぜひ一人一つ持って行きましょう。
  • 長時間イスに座りますのでとくに冬は座布団があるといいでしょう。折りたたみ式ならアウトドア用品店などて数百円で売っていますし持ち運びにも場所をとりません。高額ではありますが蓄熱式のものもあるようです。お好みのサイズに切った低反発ウレタン製クッションもおすすめです。
  • 日本にはアメリカンフットボール専用スタジアムがないため野球場や陸上競技場などを使用します。フィールドが応援席から離れていることが多いのでオペラグラスなどがあれば選手の細かい動きなどもチェックできます。
  • 試合会場によっては防犯等の理由により缶・ペットボトルに入った液体の持ち込みを禁止している場合があります。

注目選手の背番号

  • おそらくこのページをご覧になっている方の多くは部員のご友人・ご家族の方々ではないでしょうか。ぜひその部員の背番号を忘れずメモして試合会場にお持ちください。ヘルメットやショルダーパッドなどの防具をつけていますので背番号が唯一の手がかりとなります。各選手の背番号はこちらでもご確認いただけます。
  • またできることなら試合前日までに部員に攻撃、守備それぞれの注目選出の背番号を聞いておきましょう(ゲームプランの漏洩につながらない範囲であればきっと部員も教えてくれると思います)。フィールド内に攻守11人ずついるプレーヤー全員の動きをみることは難しいので、事前に確認した活躍が期待される選手を目で追っていると自然と見ごたえのあるプレイを目にする機会も増えるでしょう。

学生歌・応援歌

  • ホーネッツでは公式練習終了後、試合開始前に全員で東北大学学生歌を歌います。士気を高めるための伝統の儀式ですが、きっとその思いは応援席にいる方にも伝わるはずです。勝利への思いを込めてぜひ一緒に歌いましょう。学生歌の歌詞と東北大学学友会混声合唱団による合唱はこちらから。
  • 東北大学応援団のウェブサイトに応援歌「緑の生命」やアメフト用応援コールなどの紹介があります。ぜひチェックしてみてください。