闘蜂見聞録2013 巻之壱

みなさんこんにちは!
仙台は最近寒いですね。そんな私は今農学部の実習中で川渡にいます。仙台よりもっと寒いですよ。雪も20センチくらい積もってます。さて、そんな中2013シーズンが始まって初めての闘蜂見聞録更新です!

今回のゲストは副将兼DL主任を務めます、 ♯93相馬周一朗選手です!

4年目にして初めて闘蜂見聞録登場ですね。まずは簡単に自己紹介お願いします!

相馬:#93副将の相馬周一朗です。ポジションは DL です。
青森県の青森高校出身で、高校の時はボート部でした。
中学はテニス、小学校は野球と、色々なスポーツをやってきました。

―本当にいろんなスポーツを経験されてますね…。高校ではボートで全国大会まで行ったと伺ってます。多彩なスポーツ経験から大学ではアメフトへ…。ちなみに入部のきっかけは何ですか?

相馬:ホーネッツに興味を持ったのは、単純に学内でかなり 目立ってたってことですね(笑)でも先輩たちと話していくうちに、こんな普段ふざけてるのに 強いらしいってわかって、こりゃかっこいいぞって思いました。そのギャップにやられましたね。

―なるほど。これは新入生に必見ですね。
では、昨年の事から聞いてみたいと思います。2012シーズンは最終的に関東を倒すことはできませんでしたが、2012の最終戦に対する率直な感想を教えてください。

相馬:大敗でした。特に、ブロッカーとの一対一やキャリアーとの一対一といった 「一対一」、試合中のアジャストの仕方などといった「フットボール理解」、この二つには大きな差を感じました。
でも、ライン戦に関しては次に繋がる試合を出来たと思っています。課題を明確にし、それを潰して行くことで、今年はラインで引っ張ります。

―課題は「一対一」なんですね…。今年のスローガンはそのことも踏まえて「1on1」となったと伺いましたが、それへの思いについて教えてください。

相馬:先ほども言いましたが、大きな差を感じたのは「一対一」でした。
まずはこの事実をしっかりと受け止めて、目を背けずに闘いに行かなければなりません。
そうでなければ、個人の勝利だけでなく、チームの勝利も無いと思っています。
また最上級生として、「1on1」で勝つために、一日一日の練習の中で、何が大事なのかを下級生に掲示し続けなければなりません。
それをやり続ける事で、今年のホーネッツは関東に対して「1on1」で勝ちに行きます。

―かなり熱い気持ちが感じられますね。今さらですが、相馬さんが副将になったきっかけや意気込みについても聞きたいです!

相馬:副将をやろうと思ったきっかけは、ざっくりいうと、このメンバーでホーネッツの歴史を変えたかったからです。
僕は1年から3年になるまで、このチームでたくさんの人に大変な迷惑をかけてきました。しかしその度に周りに気を遣われここまでやって来れたと思ってます。
そうゆう点で、常にお世話になり続けた先輩方や同期には心から感謝してます。

また、自分がこの4年間ほとんどの時間をアメフトに注ぎ込んできたので、その事実を最高の結果で歴史に残したいという気持ちも強いです。
その感謝や自分の気持ちをどうやったら形に出来るのか?と考えたとき、「このメンバーで、東日本制覇する」という結論に行き着きましたね。
そこで、自分が副将となり、チームを引っ張って、東日本制覇を成し遂げると決意しました。

―なるほど、ホーネッツに対する感謝と勝ちたい気持ちが合わさって、自分が副将をやろうって思ったんですね。ちなみに相馬さんはDL主任もなさってますが、今年のDLはどうですかね?

相馬:今年のDLはチームで一番目立つ存在になります。メンバーは若い奴も多いですが、彼らにはとても期待しています。
「圧倒」というスローガンを掲げて、今年は暴れまわります!
ぜひディフェンス最善線で闘うDL の応援をよろしくお願いします。

―DLの活躍が楽しみですね!若い選手たちにもぜひ頑張ってほしいです。相馬さん、何か言い残した事はありますか?

相馬
相馬:そうですね…。とにかく言いたいのは、今年はこのチームで歴史を変えに行くってことですね!!あ、あと僕のタックルしたあとのガッツポーズにも注目してください!(笑)

―はい!相馬選手、ありがとうございました!
仙台はまだまだ寒くてグラウンドも固いかもしれませんが、寒さに負けじと頑張ってください!あと、風邪には気を付けてください。

HORNETSを応援してくださってる皆様も、風邪には十分にお気を付け下さい。
皆様今後ともHORNETSの応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。