闘蜂見聞録2010 巻之参

皆さんこんにちは。
第3回闘蜂見聞録の時間がやってまいりました!
岩手大学BISONSとの試合を明日に控えた今回は
今期の副将、またOffense LeaderでもあるOL#89細谷淳選手
熱い思いを聞いていきたいと思います。

―最初に今月の初めに行った早稲田大学専修大学との合同練習についてお聞かせください!

細谷:実際に関東の選手と対峙してみた感想としては、
個人個人がそんな「化け物」ってわけじゃなかった。
1対1の対決ものをやってみて、
勝てたプレーもあったし、もう少しで勝てそうだったプレーもあった。
それは俺だけじゃなく他の選手も同じで、
個人では差があるにはあるんだけど、まったくお話にならないレベルじゃなかった。
だから俺たちが今までやってきたことは間違ってなかったってことが分かった。
だけど、それがmageやkickingといった集団での戦いになると、
一人ひとりの差が積み重なって、歴然の差となって表れていた。

―その歴然の差を生んでいる、関東のチームと今までのHORNETSとの一番の違いって何だったのでしょうか?

細谷:一番大きかったのは、やりきる―笛がなりやむまでやりきるっていう意識の差。
今までの俺たちがやりきったと思っていた基準は、関東レベルでは全然やりきったうちに入っていなかった。
試合じゃなくて合同練習でじっくり対決出来たからこそ、そのことを間近で感じることができたので、
とても有意義な合同練習になったと思う。

―合同練習を経て、部全体で変化が見られつつありますからね。
それでは次の質問ですが、「PRIDE」という今年のスローガンを提案したのは細谷選手だそうですが、
細谷さんが「PRIDE」というスローガンに込めている想いをお聞かせください。

細谷:俺たちは皆「強いHORNETSに憧れて入部してきていて、
俺たちが憧れていたHORNETSっていうチームは
東北リーグの王者であり続けて、ずっと関東に挑戦し続けてきたチームであって、
関東に挑戦して勝つっていうことがHORNETSがずっと目指してきたものだった。
去年がああいう結果になって、形の上では、東北リーグで挑戦者という立場にあるけど、
俺らは決して東北リーグの王者であったプライドを忘れたわけじゃないし、
今年東北リーグでは絶対に負けない
そして今までずっと挑戦してきた関東に何が何でも勝ってみせるという想いが
1番にこのスローガンにはこもっている。

―なるほど、HORNETSの一員として持っているPRIDEが強く込められているんですね。
それでは、そのPRIDEを持ってOffense Leaderとして何を実現していきたいですか?

細谷:やっぱりOffenseで勝つことを目指していきたい。
Defenseがどんなに点を取られてもOffenceで取り返し続けられるようにしていく!
ポジションはOLだけど、RBもQBもWRもOffense全体を巻き込んで変えていけるようなリーダーでありたいと思う。

―ありがとうございました。それでは最後に岩大戦への意気込みをお聞かせください。

細谷:去年勝つことができなかった相手だから、チーム全員、岩手大との試合には格別の想を持っている。
さっきも言ったように、東北リーグ王者としてのPRIDEは忘れていない。
ODともにファンダメンタルアップを春に掲げていて、
秋の土台作りに取り組んできたから、
今回の試合は絶対にファンダメンタルで圧倒して勝つ!!
CRASH BOWLを目指している以上、この試合は負けられない。
必ず皆さんに勝利をお知らせします!!!!

明日の試合はHORNETSにとって因縁の相手。
チーム全員が自身のPRIDEをかけて戦います!!

勝利あるのみ。

明日の試合は宮城野原陸上競技場で13:00Kick offです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。