闘蜂見聞録2009 巻之参

#76笠原皆さん、こんにちは!

第三回闘蜂見聞録のお時間がやってまいりました!

 

専修大学戦を今週末に控えた今回は、チームの顔となる主務とOL主任を兼任する、色々と多忙な#76笠原諒平選手熱い気持ちを伺っていきたいと思います!

 

 

 

―早速ですが、今季最初の関東のチームとの試合になる専修戦への意気込みを聞かせて下さい!

 

笠原:まずは、春からチーム全体で取り組んできた「フィジカルアップ、ファンダメンタルアップ」という目標が、現時点でどれほど達成できるか試す絶好の機会だから楽しみだね。関東のチームとの実力差がいい意味でも、悪い意味でも明らかになる試合だと思う。

 

―今年のチームが始まってからずっと、フィジカルアップとファンダメンタルアップは言い続けてきた目標ですからね、今自分たちがどれほどのところまで来れているかがわかるこの試合はとても重要になりますね!

 

笠原:そうだね。あと、岩手戦では、ここというところで、自分たちが日々の練習で軸として用意してきたプレーを打てなかったので、専修戦ではしっかり活かしていきたい。

これは、練習での想定が甘かったからだと思うから、今回はしっかり詰めて専修戦に臨みます!

 

―しっかり準備をして、本当の全力でぶつかっていきたいですね!!

では、次に笠原選手が主任を務めるOLについて伺っていきたいと思います!

OLの面々の特徴、雰囲気はどんな感じですか?

 

笠原:今年のOLユニットは4年が3人いるけど、大半が23年生の若いユニットだから、特に2年生の成長がカギになると思ってるんだけど、2年生はとてもチームに忠実でフィジカルアップ、ファンダメンタルアップの成果も着実に表れてきていて、とても期待してる。

でも、4年を含めてまだまだ絶対的に実力が足りていないから、一人一人が今自分が何をしなければならないのか、何が足りていないのかっていう明確な目標を個人で考えて、今より何倍もの速度でユニット全体で成長していきます!

 

―なるほど、ではそんな今年のOLをどのようなユニットにしていきたいか、主任の考えをお聞かせください。

 

笠原:Offenceの中で一番人数も多いから、チームのムードメーカーとなっていきたい。

試合や練習の中で、辛い時や苦しい時に周りを鼓舞し、playで魅せられるようなチームの支柱となるユニットにしたい。OLが下を向いてちゃチーム全体の雰囲気が落ちてしまうからね。

だから、OLは周りに信頼されるよう、圧倒的な実力強い精神がないといけないと思う。

さっきも言ったけど、まだまだその点では実力が足りていないと思うから、学年関係なく、フィールドに立つ以上、一人のプレイヤーとして各個人が自分のすべきことをやるようなユニットを目指します。

 

―チームの支柱としての今年のOLの成長・活躍が楽しみです!

 

最後に、チームの顔、主務・笠原選手から、専修戦を観戦しに来て下さる応援者の皆さんへメッセージをお願いします!

 

笠原:岩手大学戦では、想定が甘く、日本一を目指しているチームらしからぬ試合をしてしまいましたが、その反省を活かして、『日本一』を目指すチームとしてふさわしい試合、プレーをお見せしたいと思いますので、ぜひ川崎球場までお越しください!

応援よろしくお願いします!!

 

Offenceの一つ一つのプレーは屈強なOLの支えがあって初めて作り出されるもの。

そんなOLというチームの柱の中で、一番太くて強い柱・笠原に注目です!

 

 

 

今年最初の関東校との試合となる専修大学戦は10:30kick offです!!

8 Responses to 闘蜂見聞録2009 巻之参

  1. SECRET: 0
    PASS:
    応答が遅くなった。すまん。
    まぁ、反省点は色々あるだろうけど私の記憶に残っている光景が一つ。
    結果的に最後のTDを取った後、誰も喜ばずにすごい形相で「まだまだ!まだまだ!」と怒鳴り続けていたOL陣。
    次の東海大戦も楽しみにしています。頑張れよ!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Layman様のコメントから試合の光景が浮かんで来ました。
    チームの皆様の気持ちを思うと胸が熱くなります。
    後半戦にHORNETSらしさが出ましたね。何かを掴めたのだと思います。
    ジムレーヤーのメンタルタフネスという本を今日は読み直してみました。
    東海戦に向けての練習で体力・精神力・技術力が更に強まると思います。
    笠原選手、チームの皆様・・頑張って下さい!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    昨日は日中30度近く(日陰のないフィールドではそれ以上)の暑さで、北日本のチームにとっては関東のチーム以上に堪えたかと思いました。試合前半では試合慣れしない内に立て続けにTDを決められ、裏目に出るプレイが目に付きましたが、後半ではゲインを重ねられるようになり、またパスの成功率も上がりました。専修大の今シーズン5試合目に対してホーネッツは2試合目であり、仕上がり具合の差が出たのではとも思いました。収穫としては去年の新人の活躍を目にすることが出来たことです。春シーズンでは弱点を克服して秋シーズンに最好調に持っていってください。
    失敗を恐れないプレイと点差がついても最後まで諦めないプレイ、それと大きな声を各選手が出し互いに鼓舞し合っている姿に今後の成長が見えました。次の東海大戦頑張ってください。応援し続けます!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >> 元監督のオッサン 様

    コメントありがとうございます。
    今回の試合はOLの取り組みの甘さが露呈し、引っ張りが至らず、
    このような結果になってしまったことを深く受け止め、
    次の試合では、今まで以上に足をかき続けチームを引張って
    いきます。
    これからも応援よろしくお願いいたします。

    >> Layman 様

    コメントありがとうございます。
    今回の試合において、多くの課題がでました。
    今回の試合が無駄なものにならないために、今回
    でた課題を1つ1つつぶして、次の東海戦に向けて
    精進していきます。
    これからも応援よろしくお願いいたします。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    応援する者に元気を与えてくれるような勢いのある試合を期待しています。現時点での力関係を把握する試金石となるこの試合、すべてを出し切って今後に繋げてください。それにしても笠原選手、目に力を感じる戦国武将のようないい顔をしていますね。頼もしく思います。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    笠原!!元気そうでなによりです。OLこそ、OFFENCEチームの原動力!チームのエンジンです。しっかりと足をかいて、走ること!!専修戦で会えるときを楽しみにしています。”覚悟””を決めろ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。