闘蜂見聞録2008 巻之捌

 みなさまこんばんは。

またまた闘蜂見聞録のお時間です。

気付けばシーズンも佳境に差し掛かろうとしており…

でもアレ?闘蜂見聞録2008当初のでっっかい目標『幹部全員を取り上げる』には程遠いアップ数…

夏頃の滞りが尾を引く形となってしまいました。。

ということで、巻きで!出来る限りの巻数を執筆できればと思います。

相変わらず拙い文章ですが、よろしくお願いいたします!

 

前置きが長くなってしまいました。今回はポジション主任シリーズ第一回目。

WR主任#80榎本悠選手&RB主任#37荒井光司選手のオフェンスコンビです!

タイトルマッチ?

 

ではまず、お二人が率いるポジションについてお聞きします。

ポジション毎にかなり雰囲気に違いが見られるのがHORNETSですよね。

荒井(写真右):RBはプレーでも声でもチームを引っ張れるような、熱いかんじかな。

榎本(写真左):WRは逆に見た目はクール(?)な人間の集まり。

でも、内に秘めているものは皆熱いです!

確かに、そんなかんじがしますね!

 

では、主任として、どんなポジション作りを意識してきたんですか?

荒井:各プレーヤーに味を持たせたいってことかな。

4年は二人だけど、二人ともだいぶ違うタイプのプレーヤーだし。

下の皆にも、自分のスタイルの確立をさせたい。

榎本:スーパースターがいないから、個人個人がひたすら泥臭く、一球一プレイにこだわれるようにしてきた。

 

せっかくの二人組なので、お互いのことについて聞いてみましょうか。

榎本:荒井さんと言えば磨きぬかれたフィジカルでしょう!

その突進力には憧れます。

荒井:笑 榎本は、sureなキャッチをここぞというときにできる男です。

あと、主任としては、本当に細かいところまでしっかり決めて、詰めて、周りを率いてると思います。

榎本:そっちも、よくあの個性的な人たちをまとめられてるなぁと思うよ。

なるほど。主任のお二人にもプレイと率い方に特徴が見られますね!

 

では。仙台大学戦まであと一週間となりました。

榎本:とにかく試合では、チームのリズムを作れるように、確実にパスを通します。

そして、得点という見える形で結果を残す。

今までの集大成の気持ちでやります。

荒井:ブロッカーの先の一対一をしっかり取り、ロングゲインを取るべきところで取ります。

RBはそれでチームのリズムを乗せていきます!

WRもRBも、得点、そして勝利へと直接的に突き進めるポジションですからね。

その魅せるプレイでチーム全体を乗せてくれること、本当に期待しています!

 

では最後になりますが、応援してくださる方々へメッセージを。

榎本:今までの試合で、パッシングはあまり良い結果を残せていません。

次こそはやります。華麗なパスキャッチに期待してください!

荒井:パッシングで乗せてくれればその分相手ディフェンスは散って、僕達によりチャンスが訪れます。

ロングゲイン取ります!

 

個人毎に、ポジション毎に、取り組んできたものは山ほどあるも、全ては一つ、勝利のため。

オフェンスがヤードを進めてくれれば、間違いなくチーム全体が勢いを増し、勝利へと近づいていけます!

二人の率いる走・捕のスペシャリスト集団の活躍に、HORNETSの運命は懸かっています!

 

蜂たちの次の戦いは10月26日(日)、VS仙台大学 @川内グラウンド、14時キックオフです!

 

 

5 Responses to 闘蜂見聞録2008 巻之捌

  1. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます。
    応援してくださる皆様のためにも、必ず次の試合勝ちに行きます。応援よろしくお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    いつもコメントありがとうございます。
    このチームでフットボールを続けるためにも、全身全霊で勝ちを取りに行きます。
    これからも応援よろしくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    さぁ、いよいよだね。26日の爆発を期待しています。相手は死に物狂いで向かってきます。それを跳ね返し、圧倒することを希望します。私が4年だったときも、同じような状況がありました。当時の主将がことあるごとに言っていた言葉を伝えます。(to All HORNETS)

    「返り討ち」

    圧倒して下さい。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    日工大学戦での榎本選手と荒井選手のご活躍は颯爽で強く印象に残っています。
    私のアメフト観戦は4月の試合が初めてでした。
    席がシルバーファルコンズの皆様の目の前ということもあり、チームの雰囲気がひしひしと伝わって来たのを覚えています。
    全てがまとまっているチームだと感じました。声の掛け合いも素晴らしかったです。
    お互いが信頼し合っているのでしょうね。強さの秘訣だと思いました。
    榎本選手の「ONE PLAY AT A TIME」・・今でも時々思い出す言葉です。
    榎本選手、荒井選手・・26日は今までの力を全て出し「勝利」を手にしてください。
    応援しています。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    自然界では「スズメバチ」が最も活性化する季節になりました。フィールド界でも「ホーネッツ」が猛威を振るう時が来ました。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と形容された「カシアス クレイ」のように判定ではなく、K.O.勝ちを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。